HIV(エイズ)感染の初期症状 | アスクムーン

アスクムーン女性の医学
妊娠・生理の悩みならAskMoon[アスクムーン]。女性の健康・美容をサポートする女性の医学サイトです。
女性のお悩みQ&A

HIV(エイズ)感染・症状Q&A一覧

HIV 症状
HIV 感染
HIV感染確率
HIV 初期症状
hiv
エイズ
hiv 症状
hiv 初期
hiv エイズ
hiv 治療
hiv 即日
エイズ 発症
hiv 薬
エイズ ノイローゼ
hiv 相談
hiv 発症
hiv 陰性
hiv 検査 陽性
性病 エイズ
梅毒 hiv
hiv スクリーニング
性病 hiv
クラミジア hiv
梅毒 エイズ
hiv 感染 初期症状
エイズノイローゼ
HIV 感染率
エイズの初期症状
エイズ初期症状
エイズの症状
エイズ感染者
エイズ感染率
HIV
エイズの感染率
HIV初期症状
HIVの症状
HIV症状
HIVノイローゼ
エイズ感染確率
風俗でエイズ
hiv 初期症状
エイズ発症
HIV感染 初期症状
エイズの初期
風俗 HIV
エイズ初期
エイズ検査
HIV 初期
HIVに感染
エイズについて
hiv 感染率
HIV 症状
キスでエイズ
HIV 感染確率
エイズの確率
HIV感染率
エイズ恐怖症
HIVとは
HIV検査
風俗でエイズに感染
HIV感染者数
エイズ 心配
いきなりエイズ
HIVに感染する確率
HIVに感染したら
HIV相談
HIV 感染者数
HIVの感染率

HIV(エイズ)とは

■HIVの病原性
HIVは免疫機能の発動に必要なCD4+T細胞というリンパ球などに感染し、比較的長い潜伏期の後に活性化してCD4+T細胞を破壊してしまう。
CD4+T細胞が著しく減少すると体内の免疫力が極度に低下し、免疫が正常であれば排除できるような病原体にも簡単に感染する日和見感染を起すようになり、容態が不安定になる。
進行すれば、その他の合併症等を引き起こし死に至る事も多い。

エイズとはこのように感染後の潜伏期を経て陥ってしまう免疫不全状態を指し、単にHIVに感染しただけ(HIVキャリア)ではエイズとは呼ばない。
他にも、HIVは脳神経の免疫を担うミクログリア細胞に感染する事が判明しており、HIVに感染したミクログリア細胞が神経系組織に影響を及ぼし、精神障害や認知症など神経症状を呈するエイズ脳症を引き起こす。


■HIVの感染経路
HIVは通常の環境では非常に弱いウイルスであり、一般に普通の社会生活をしている分には感染者と暮らしたとしてもまず感染することは無い。
感染する原因の内訳は、肛門性交によって感染する割合が最も高い(必然的に同性間での性的接触による割合が多くなる)。

それは妊娠のリスクが無い為、性交時にコンドームを使用せず、直腸内で射精する行為が多い為である。次いで異性間の膣性交によるものが多い。
全体の多くは性行為による感染で、注射器の使い回しによる感染、母子感染などが後に続く。

一般に感染源となりうるだけのウイルスの濃度をもっている体液は血液・精液・膣分泌液・母乳が挙げられる。

一般に感染しやすい部位としては粘膜(腸粘膜、膣粘膜など)、切創(せっそう)や刺創(しそう)などの血管に達すような深い傷などがあり、通常の傷のない皮膚からは侵入する事はない。
その為、主な感染経路は以下の3つに限られている。


■性的感染
性交による感染では、性分泌液に接触する事が最大の原因である。通常の性交では、女性は精液が膣粘膜に直接接触し血液中にHIVが侵入する事で感染する。
男性は性交によって亀頭に目に見えない細かい傷ができ、そこに膣分泌液が直接接触し血液中にHIVが侵入する事で感染する。その為、性交でなくても性器同士を擦り合わせるような行為でもHIV感染が起こる恐れがある。

また肛門性交では腸粘膜に精液が接触しそこから感染するとされている。腸の粘膜は一層の為に薄く、HIVが侵入しやすい為、膣性交よりも感染リスクが高い。

コンドームの着用がHIVの性的感染の予防措置として有効である。ただし使用中に破れたり、劣化した物を気付かずに使用する場合があるため、完全に感染を防ぐことができるとは言えない。コンドームの使用に際しては、信頼できる製品を使用期限内に正しい用法で用いることが推奨される。

また割礼によって感染リスクが低減するという研究結果が複数ある。傷つきやすく、免疫関連細胞の多い包皮を切除することで、HIVの侵入・感染が抑えられる為だと考えられている。

なお口腔で性器を愛撫する場合も、口腔内に歯磨きなどで微小な傷が生じていることが多く、そこに性液が接触することで、血液中にウイルスが侵入する恐れがある。


■血液感染
感染者の血液が、傷、輸血、麻薬まわし打ち等によって、血液中に侵入する事で感染が成立する。特に麻薬・覚醒剤中毒者間の注射器・注射針の使い回しは感染率が際立って高く、99.999999%感染するといわれている。以前は輸血や血液製剤からの感染があったが、現在では全ての血液が事前にHIV感染の有無を検査され、感染のリスクは非常に低くなっている。医療現場においては、針刺し事故等の医療事故による感染が懸念され、十分な注意が必要である。


■母子感染
母子感染の経路としては三つの経路がある。出産時の産道感染、母乳の授乳による感染、妊娠中に胎児が感染する経路である。

産道感染は子供が産まれてくる際、産道出血による血液を子供が浴びる事で起こる。感染を避ける方法として、帝王切開を行い母親の血液を付着させない方法があり、効果を上げている。

母子感染の経路として母乳による感染が報告されており、HIVに感染した母親の母乳を与える事は危険とされている。この場合は子供に粉ミルクを与える事によって、感染を回避する事が出来る。

胎内感染は、胎盤を通じ子宮内で子供がHIVに感染する事で起こる。物理的な遮断が出来ない為、感染を回避する事が難しい。感染を避ける方法として、妊娠中に母親がHAART療法により血中のウイルス量を下げ、子供に感染する確率を減らす方法がとられている。


出典: フリー百科事典
『ウィキペディア(Wikipedia)』
Wikipediaのコンテンツに関する使用条件については、以下をご確認ください
http://ja.wikipedia.org/wiki/Wikipedia:Text_of_GNU_Free_Documentation_License
その他の注目キーワード
妊娠の可能性について
症状別のかゆみ
めまいを伴う症状と病気
蕁麻疹(じんましん)を伴う症状と病気
ストレスが原因の病気
クラミジア感染症の症状と検査
HIV(エイズ)感染の初期症状
性器ヘルペス
口唇ヘルペス
カンジダ(カンジタ)症
>>今注目のキーワード一覧へ
Q&Aキーワード検索

妊娠・生理の悩みならアスクムーン。アスクムーンとは?
アスクムーンでは、生理・排卵日を予測できます。女性の気になる病気に医師が答えるQ&Aも満載!
アスクムーンとは?
会員登録する

妊娠・出産
不妊症・不育症
婦人科・生理の悩み
新生児(赤ちゃん)・こどもの病気
美容・ダイエット
性の悩み・性病・性感染症
姉妹サイト
病気/がん,アレルギー等症状の悩みを医師に相談できる。家庭の医学アスクドクターズ今スグ医師に相談
病院に行く前に
現役医師が即回答

カラダ手帳
女性のお悩みQ&A
健康美容コラム
基礎体温
サイトマップ
アスクムーン女性の医学トップ
トップ>HIV(エイズ)とは
Copyright(C)2018
M3,Inc.
All Rights Reserved.