頭痛・偏頭痛 | アスクムーン

アスクムーン女性の医学
妊娠・生理の悩みならAskMoon[アスクムーン]。女性の健康・美容をサポートする女性の医学サイトです。
女性のお悩みQ&A

頭痛・偏頭痛Q&A一覧

頭痛の原因
頭痛の種類
頭痛の症状
頭痛外来
頭痛専門医
偏頭痛とは
偏頭痛の原因
頭痛い
頭痛がひどい
頭痛が酷い
頭痛が治らない
頭痛が続く
頭痛が頻繁
頭痛とだるさ
胃痛と頭痛
頭痛と寒気
頭痛と歯痛
頭痛と腹痛
頭痛と眠気
軽い頭痛
激しい頭痛
ひどい頭痛
ひどい偏頭痛
だるさ 頭痛
咳 頭痛
寒気 頭痛
起きたら頭痛
筋緊張性頭痛
緊張型頭痛
緊張性頭痛
緊張頭痛
群発頭痛
血圧 頭痛
倦怠感 頭痛
後頭部の頭痛
喉の痛み 頭痛
高血圧による頭痛
前頭 頭痛
前頭部の頭痛
低血圧 頭痛
低体温 頭痛
締め付けられるような頭痛
頭痛
頭痛 子供
頭痛 睡眠
頭痛 目の奥
頭痛 こめかみ
頭痛 だるさ
頭痛 胃痛
頭痛 下痢
頭痛 咳
頭痛 寒気
頭痛 関節痛
頭痛 筋肉痛
頭痛 血圧
頭痛 倦怠感
頭痛 喉の痛み
頭痛 高血圧
頭痛 腰痛
頭痛 子供
頭痛 歯痛
頭痛 耳鳴り
頭痛 症状
頭痛 食欲不振
頭痛 神経痛
頭痛 睡眠
頭痛 痛み
頭痛 物忘れ
頭痛 偏頭痛
頭痛 眠気
頭痛 目の奥
頭痛 扁桃腺
頭痛 痺れ
頭痛について
頭痛対策
動くと頭痛
鈍い頭痛
鼻水 頭痛
貧血で頭痛?
頻繁に頭痛
腹痛 頭痛
偏頭痛
偏頭痛について
片頭痛
片頭痛 症状
麻酔後の頭痛
毎日 頭痛
眠気 頭痛
夜になると頭痛

頭痛の原因と種類

一次性頭痛
頭痛は大きく、基礎疾患のない一次性頭痛と、別の原因疾患による二次性頭痛に分けられる。一次性頭痛の場合、一次性頭痛の1つが単独で起こっている場合もあれば、2つ以上が合併して起こっている場合もある。

一次性頭痛は慢性・反復性のため、多くの場合、患者が「いつもの頭痛」と心得ており、医療機関を受診しないことが多い。受診時はたいてい、「ふだん経験したことのない頭痛」として受診する。


緊張型頭痛
緊張型頭痛が発症する原因としては、精神的・身体的ストレスや筋肉の緊張などが複雑に絡み合っていると考えられている。この種の頭痛に関係すると考えられる項目は次の通りである。

身体的ストレス
原因としては無理な姿勢・合わない枕・目の酷使など。特に目や肩などにストレスが集中してかかると周囲の筋肉がこわばって血行が悪くなり(肩こり)、さらに筋肉中に疲労物質である乳酸などがたまって周囲の神経を刺激し、頭痛を招くと考えられる。パソコンなど、長時間テレビ画面・モニタなどに向かって作業に従事する人などによく見られる。

精神的ストレス
原因としては心配事や不安・悩みを抱えることなど。これによって自律神経がうまく機能しなくなると、筋肉が緊張していなくても頭痛を訴えることがあるとも考えられている。このことは人間の性格にも左右される一面があり、例えば几帳面で律儀な人・生真面目な人ほどこの症状が現れやすいとも言われている。

いずれも女性に多く、数日持続する。緩徐に進行し、典型的には、頭をとりまくはちまき状に痛む。ストレスやうつによって起こり、主に頚部・側頭部の異常な筋収縮に起因する。

治療は、NSAIDs・筋弛緩薬やチエノジアゼピン系、抑うつ症状に三環系抗うつ薬などが使われる。低い枕で寝ることも有効。


片頭痛(migraine)
「片頭痛」は「偏頭痛」とも書き、「へんずつう」または「へんとうつう」と呼ぶ。朝、目が覚めて起きた時から頭痛として感じる場合や、太陽の光などを頭や目に受けて頭痛が起こった場合は片頭痛の可能性が高い。激しい運動後や緊張が解けてほっとした時、休日などにも起こりやすい。

片頭痛患者の1割前後で、前兆(視野内にジャギジャギした閃輝暗点が生じるなど)がみられる。片頭痛の発生メカニズムについてはまだ解明されていない部分もあるが、有力な説としては「セロトニン説」と「神経血管説」の2つがある。また、遺伝の要因もあるとも考えられている。

セロトニン説
ストレス・緊張などにより脳が刺激を受けると、血液成分である血小板から血管を収縮させる作用を持つセロトニンが多量に放出されるようになり、脳内の血管が収縮する。時間の経過と共にセロトニンが分解・排泄されて減少すると、一度収縮した血管が逆に広がりはじめるようになり、この時に頭痛が起こるようになるというもの

三叉神経血管説
脳から伝えられた何らかの刺激が血管周囲にある三叉神経を刺激し、三叉神経の末端から血管を拡張させる作用をもつサブスタンスPなどのさまざまな神経伝達物質が分泌される。

その結果、血管が広がり、その周囲に炎症が起こって頭痛として自覚されるというもの。1980年代から有力視されてきた説の1つ。

片頭痛は血管による拍動性の痛みで、若い女性に多く、しばしば家族性である。片頭痛の前は食欲が旺盛になる、甘いものが食べたくなる、眠気をさすなどと言われているが、実際に発作を予知することは不可能である。悪心嘔吐・羞明・めまい・圧痛・食欲不振・多幸感などを伴うこともある。
前兆を伴うタイプもあり、視覚暗点・閃輝暗点(ギラギラ輝く歯車のようなものが見える)・一過性半盲(視界の一部が一時的に欠けて見えなくなる)・片麻痺・片側性感覚障害(痛みと半盲の出ている側の手の痺れ)・言語障害(舌のもつれ)などが前兆としてみられる。

睡眠で軽快することが多いが、起床で始まることも多い。但し、睡眠中に呼吸が無意識のうちに止まってしまうという「睡眠時無呼吸症候群」が原因となっていることもある。口呼吸する習慣のある人・肥満気味の人は要注意である。

軽症ではNSAIDs、中等症以上ではトリプタン系薬物が用いられる。エルゴタミン製剤も有効な場合がある。またカフェインも効果的ということでコーヒーや緑茶を飲むのも良いといわれている[要出典]。


群発頭痛(Cluster headache=クラスターヘッドエイク) [編集]

群発頭痛のイメージ 周期的に発生し、頭痛のうちでも最も痛みが強い。痛む部位は眼球の奥である。発症のメカニズムについてはまだまだ明らかにされていない点が多いが、頭部の血管の拡張が関わっているのではないかと考えられている。 飛行機の着陸時に耳を何某かのもので塞いでいたら、この痛みが出たというケースもある。

群発頭痛の最大の特徴は1年から3?4年に一度、1か月から3か月に渡る「群発期」に毎日のように決まった時間に発症する場合が多い。
群発地震のようにある時期に固まって起きることから、群発頭痛と言われている。 日本では、偏頭痛や三叉神経痛と間違われる場合が多く、この病名を知らない人も多いと考えられる。
殆ど深夜2時から4時頃に痛みで目が覚める。 痛みは数ある頭痛の中でも群を抜き、「スプーンで目玉をエグられる程」と例えられる事もある。
お産などよりも痛いとされ、心筋梗塞、尿路結石、と並び生きているうちに味わえる三大痛の一つとされ、別名「自殺頭痛」とまで呼ばれている。
目の後ろを通っている血管が拡張して炎症を引き起こすため、目の奥の痛みを自覚するようである。また、この血管を取り巻いて、涙腺のはたらきや瞳孔の大きさをコントロールしている自律神経が刺激されて、涙・鼻水が出る、瞳孔が小さくなるといった症状を伴うともいわれる。吐き気を伴う場合もある。

治療薬は、トリプタン系の「イミグラン」などが使われるが、作用には個人差も大きいため、必ず医師の診察をうけること。
酒石酸エルゴタミンを使用した「カフェルゴット平成20年3月末日で販売中止」「クリアミン(S錠・A錠)」などが使われることもある。
また、酒石酸エルゴタミン系とトリプタン系の薬は併用禁止で、薬は、必ず24時間あけなければならないため服用には充分注意すること。
トリプタン系(イミグランなど)の薬は、40歳以上の男性、閉経後の女性、心疾患の危険因子を有する患者には慎重に投与する必要があるとされる。 現在の治療法は、イミグラン(3mg)の注射と純酸素(7リットル/分)が効果的である。

群発頭痛の海外での一般的な治療法は、イミグランの自己注射だったのだが、最近まで日本では頭痛に対しての自己注射療法が認められていなかったために 即効性のある効果的な治療が困難であった、しかし2008年4月より保険適用にてイミグランを自己注射して群発頭痛を治療することが可能となっている。

群発頭痛は激痛のため、トリプタン系の薬(イミグランなど)の多量服用は慎重にしなければならない。とは言え「我慢の限界」を超えた痛みであることは経験者にしかわからないので、周囲から誤解を受けることもしばしばである。 また、「群発期」中にアルコールを摂取してしまうと、薬の効果が薄くなり即座に激痛に襲われることもある。

プレドニンやデカドロン等のステロイド療法もあるが、副作用のリバウンドで苦しむこともあり注意が必要である。 また、重症の場合は『慢性の群発頭痛』に至ることがある。 『慢性の群発頭痛』とは、痛みの最大値を10段階で表すと、常にレベル4?5の痛みが「とれない」状態が続くものを言う。群発発作期と群発発作期の間も常にレベル4?5の痛みがあり、耐え難いものであると言われる。

出典: フリー百科事典
『ウィキペディア(Wikipedia)』
Wikipediaのコンテンツに関する使用条件については、以下をご確認ください
http://ja.wikipedia.org/wiki/Wikipedia:Text_of_GNU_Free_Documentation_License
その他の注目キーワード
頭痛・偏頭痛
生理痛
吐き気を伴う頭痛
妊娠初期の服薬
妊娠中の薬(くすり)
妊娠検査薬
泌尿器科のお悩み
ヘルペスのお悩み
カンジタ(カンジダ)
避妊とコンドーム
>>今注目のキーワード一覧へ
Q&Aキーワード検索

妊娠・生理の悩みならアスクムーン。アスクムーンとは?
アスクムーンでは、生理・排卵日を予測できます。女性の気になる病気に医師が答えるQ&Aも満載!
アスクムーンとは?
会員登録する

妊娠・出産
不妊症・不育症
婦人科・生理の悩み
新生児(赤ちゃん)・こどもの病気
美容・ダイエット
性の悩み・性病・性感染症
姉妹サイト
病気/がん,アレルギー等症状の悩みを医師に相談できる。家庭の医学アスクドクターズ今スグ医師に相談
病院に行く前に
現役医師が即回答

カラダ手帳
女性のお悩みQ&A
健康美容コラム
基礎体温
サイトマップ
アスクムーン女性の医学トップ
トップ>頭痛の原因と種類
Copyright(C)2018
M3,Inc.
All Rights Reserved.