妊娠中の薬(くすり) | アスクムーン

アスクムーン女性の医学
妊娠・生理の悩みならAskMoon[アスクムーン]。女性の健康・美容をサポートする女性の医学サイトです。
女性のお悩みQ&A

妊娠中の薬(くすり)Q&A一覧

妊娠中の目薬
妊娠中の薬の影響
妊娠中に薬
妊娠中の薬服用
妊娠中の服薬
妊娠中 胃薬
妊娠 薬の影響
妊娠検索薬
妊娠中に薬を飲んだ
妊娠と薬
妊娠中に飲める薬
妊娠診断薬
妊娠検索薬について
妊娠中に痔の薬
妊娠中の胃薬
妊娠中の痔の薬
妊娠中の風邪薬
妊娠中の薬
妊娠中の薬の服用
妊娠中薬
薬と妊娠

妊娠中の症状と薬

妊娠中のかぜ症候群
第一選択はアセトアミノフェンによる解熱鎮痛となる。NSAIDsは胎児の動脈管収縮、閉鎖やその他の原因による死亡例が報告されており原則禁忌である。抗ヒスタミン薬に催奇形性があるという報告もあるため妊娠12週未満ではPLといった総合感冒薬も投与を見合わせた方が良い。NSAIDs外用剤は短期なら使用可能である。

妊娠中の胃炎
PPIやH2ブロッカーの安全性は確立していないため、セルベックス®など防御因子に作用する薬物を用いる。鎮痙薬のブスコパンも投与可能である。

妊娠中の便秘
大腸刺激性の下剤の使用は子宮収縮を招き流産に陥る場合があるため可能な限りさけるのが望ましい。バルコーゼ®や酸化マグネシウムを用いるのが一般的である。

妊娠中の下痢
妊娠中は下痢によって子宮収縮がおこり流産となることもあるため、重度の下痢に関しては止瀉薬の投与を行う。ロペミン®などがよく用いられる。なお輸液、電解質補正を行うのは非妊娠時と同様である。細菌性下痢が強く疑われる場合はウイントマイロン®、胆嚢炎や膵炎による下痢を疑う場合はセファメジンα®などを用いるが、これらは有益性投与であり専門医との協力体制のもとで行うのが望ましい。

提供: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

※妊娠中のお薬の服用については、必ずかかりつけ医に相談してください。自己判断での服用は絶対にしないでください。
その他の注目キーワード
頭痛・偏頭痛
生理痛
吐き気を伴う頭痛
妊娠初期の服薬
妊娠中の薬(くすり)
妊娠検査薬
泌尿器科のお悩み
ヘルペスのお悩み
カンジタ(カンジダ)
避妊とコンドーム
>>今注目のキーワード一覧へ
Q&Aキーワード検索

妊娠・生理の悩みならアスクムーン。アスクムーンとは?
アスクムーンでは、生理・排卵日を予測できます。女性の気になる病気に医師が答えるQ&Aも満載!
アスクムーンとは?
会員登録する

妊娠・出産
不妊症・不育症
婦人科・生理の悩み
新生児(赤ちゃん)・こどもの病気
美容・ダイエット
性の悩み・性病・性感染症
姉妹サイト
病気/がん,アレルギー等症状の悩みを医師に相談できる。家庭の医学アスクドクターズ今スグ医師に相談
病院に行く前に
現役医師が即回答

カラダ手帳
女性のお悩みQ&A
健康美容コラム
基礎体温
サイトマップ
アスクムーン女性の医学トップ
トップ>妊娠中の症状と薬
Copyright(C)2017
M3,Inc.
All Rights Reserved.